世田谷刀剣会と北鎌倉刀剣会の活動をお知らせします

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月の勉強会

世田谷刀剣会会員の皆様:

本日5月の勉強会案内葉書を投函しました。
5月は例の場所で例の時間からです。(弦巻天祖神社、13時)
テーマは、①継続中の五ケ伝 其の四 相州伝  ②相州貞宗の脇差を分析しよう。 ③時代・国の鑑定をして見よう。
①相州伝の講義はいつものように人見会長。本日事務局の文永洞で打ち合わせを行いました。人見会長も、実を言うと毎回事前に勉強をして居られるとのことです。相州伝の特徴は、他よりも火造りの温度が高いことです。そのために、刀の働きが多いわけです。働き・・・・教材を見て下さい。平地においては地景とか、湯走り其の他。刃中においては金筋、砂流し、葉、足その他です。参考までに、温度が低いのは備前伝と言われています。
②徳川家に代々伝わってきた一振りの貞宗が作った脇差を一緒に分析します。刃長が1尺を少しだけ越しますので正しくは脇差ですが寸延び短刀の類に入ります。刀剣の勉強界では、延文・貞治体佩と言うのがあります。これは短刀で、寸延び・身幅が広く・重ねが薄い・・・。貞宗は延文よりは時代が上がり(延文より前で)南北朝の最初の頃の建武の時代の刀工です。すでに寸延びが始まっています。1尺を僅かに越す短刀は寸延び短刀とか、小脇差と呼ばれます。正式な刀の紹介は、先ず刀の種類、太刀・刀・脇差・短刀と記載し、次に刀工名です。無銘であり、鑑定の結果刀工名が極まっておれば→無銘 刀工名の記載方法になります。刀の各部寸法の記載があります。次に体佩で形状(鎬造りとか、平造りとか昨年勉強した種類です。)、鍛え肌、刃文、鋩子、彫刻(有れば)、茎の説明です。最後に刀工の紹介を記載します。どんな専門書にも以上の順番で書いてあります。皆様にも、以上の刀剣界における習慣的な掟を覚えてもらいたいと思います。教材は、この一振りの押形を下に記載し、上段には説明を書いています。
④最近刀を持って外出する際に、警察の監視が少々厳しくなっていますので、その関係通達内容を説明致します。法律が厳しくなった訳ではありませんから、正規に登録されていて、刀と登録証を一緒に持ち歩いておれば基本的に問題はありません。
では、勉強会でお会いしましょう。       川辺
スポンサーサイト

コメント一覧

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://toukenkai.blog98.fc2.com/tb.php/7-a61343a4

 | HOME | 

Calendar

03 « 2017/04 » 05
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Recent Entries

Categories

Archives

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

koalaya+α

Author:koalaya+α

世田谷刀剣会のブログへようこそ。
このブログは刀剣会からのお知らせや、新着情報、勉強会の報告などを書き込んでいきます。



プロフィール

koalaya+α

Author:koalaya+α
世田谷刀剣会のブログへようこそ。
このブログは刀剣会からのお知らせや、新着情報、勉強会の報告などを書き込んでいきます。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。